起業・会社設立

かんたん・スピーディー!0から始める!電子契約システム【 契約大臣 】

投稿日:

Contents

契約大臣とは!!

企業の契約を簡単にする電子契約システム

低料金でも法的根拠を証明

電子契約が初めての方でも購入しやすい低料金でシンプルなサービス

・シンプル 直感的で使いやすい

・低料金 業界最安値レベルのプラン

・法的根拠 書面と同等の法的根拠



契約書の管理に頭を抱えている皆様、その契約のお悩み
電子契約で解決しませんか?

上司に「コストカットしろ」と言われている…

契約に時間や手間がかかる…決裁者が捕まらなくてハンコがもらえない…

取引先企業が多くて、書類の管理が大変…保管場所もすぐいっぱいに…

新しいシステムの導入に社内外の調整ができるだろうか…教育コストもかかる…

【契約大臣】は電子契約が、はじめての企業をサポートします

コストカットを実現

郵送料・収入印紙不要印刷代や製本にかかるコストもカット

→月30件契約で30,900円の削減も可能

※1契約あたり郵送料往復280円、簡易書留320円、収入印紙4,000円、印刷代10ページ/2円、封筒代10円として計算

いつでもどこでも契約

対面不要・即時締結も可能

オンラインで場所を選ばず確認できる

→PC・スマホがあればいつでも・どこでも
 契約書の確認・締結ができる

書類を簡単管理

書類や契約書はオンラインで一元管理

→保管場所不要、閲覧時の検索も簡単
 紛失・盗難リスクも回避

シンプルで使いやすい

シンプル機能で使いやすいデザイン

取引先はサービス登録不要

→サポート体制あり。契約書の受取側はメールに
記載のURLから契約書確認・締結が可能

例えば、こんなシーンに電子契約が活用できます

【一般のお客様とのご契約】

・施術の同意書

・エステやスクールなどの契約申込書

・電子化した領収書をメール送信

など

【取引先・業務提携先とのご契約】

・基本取引契約

・業務委託契約

・秘密保持契約

など

【社内での人事手続き】

・雇用契約書

・入退社時誓約書

など

契約大臣は、契約書の送付先は【契約大臣への登録は不要】で締結が行えるため、先方にも負担をかけません。

電子契約での契約〜締結までの流れ

【契約大臣】は、セキュリティ対策万全

電子帳簿保存法に準拠したシステムを提供
あなたの大切な契約書を守ります

ファイアーウォール

外部からの攻撃や
不正なアクセスをブロックします

暗号化通信

データの盗聴・改ざん、なりすましを防ぎます

認定タイムスタンプ

送付した契約書と締結した契約書が同一であること、改ざんされていないことを証明します

バックアップ

データベースは毎日バックアップ書類ファイルは随時遠隔地に同期

提供サービス・料金プラン

フリープラン

¥0/月

初期費用無料
送信件数3件/月
ユーザー数1名
タイムスタンプあり

スタータープラン

年額払い ¥2,020/月(税込)

年額払いで月々の利用料がお得!

 [月額払い] ¥2,200/月(税込)

初期費用無料
送信件数10件/月
ユーザー数1名
タイムスタンプあり

ベーシックプラン

年額払い ¥6,050/月(税込)

年額払いで月々の利用料がお得!

 [月額払い] ¥6,600/月(税込)一番人気!
おすすめプラン

初期費用無料
送信件数50件/月
ユーザー数3名
タイムスタンプあり

プレミアムプラン

年額払い ¥9,075/月(税込)

年額払いで月々の利用料がお得!

 [月額払い] ¥9,900/月(税込)

初期費用無料
送信件数無制限
ユーザー数10名
タイムスタンプあり

他社との比較

月50件までの締結なら3名まで使える
ベーシックプランがお得

企業名契約大臣A社B社C社
初期費用¥0¥0¥0¥0
月額費用(税込)¥6,600¥11,000¥9,680¥5,478
送信件数50件無制限
※1送信220円
無制限
※1送信110円 
(メール認証の場合)
50件
ユーザー数3名無制限無制限1名
タイムスタンプありありありあり

まずは無料でお試し!!3分で登録完了&利用開始

こちらから👇👇👇



電子契約についてよくある質問

Q 最近よく見かける電子契約はどういう仕組みか?

従来紙の契約書で取り交わしていた契約を、オンライン上で完結させるものです。 契約書本体はサーバー上に保管され、PCやスマホがあれば場所や時間を問わず確認できます。

Q 電子契約は本当に安全か?

サイバー攻撃などから大切なデータを守るファイアーウォールや、不正アクセスを防止するIP制限などの仕組みが取り入れられています。 契約大臣では、サービスへのログイン時に本人であることのより厳重な確認を可能とするメールアドレス認証の設定が可能です。

Q 電子契約は法的にも有効か?

有効です。 契約は書面以外にも、口頭やメールなどによる締結は可能です。 契約大臣ではオンライン上にある文書に本人の意思で署名したものとして、証拠力が認められます。

Q 契約書が改ざんされていないことは、どうやって証明されるか?

契約の締結時に、時刻認証局(TSA)が発行するタイムスタンプという証明情報が押下されます。 契約締結時に契約書が存在していたこと、それ以降は改ざんされていないことが証明されます。

Q 電子契約を導入する上で気をつけることは?

多くの契約は電子契約が認められていますが、一部の契約では書面のみでしか締結できないものもあります。 例:定期借地契約、定期建物賃貸借契約借地借家法など また、オンライン上で契約書の確認・締結が行われるため、インターネット環境とメールアドレスが必要になります。

Q サービスに登録して、いつから使えるか?

フリープランは無料会員登録後、すぐにお使いいただけます。 ベーシック・スタンダードプランにつきましては所定のお手続きが完了しましたらご案内いたします。

Q 契約書はいつまで保存される?

契約大臣では、ご登録の間は無期限でデータを保存します。

運営会社

企業名株式会社TeraDox
所在地東京都渋谷区本町3-10-3清水橋矢部ビル9階
顧問弁護士岩田合同法律事務所田中室 弁護士
中村忠司(Tadashi NAKAMURA)
プライバシーマーク取得企業

認定タイムスタンプ
U00031-001(登録日2021. 8.23)
事業者名 株式会社TeraDox

<おすすめの記事>







-起業・会社設立


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク




Profile
管理人の Taka です。

当ブログは、より良い情報を皆様方
へ発信していきます。

合間に、些細な出来事をブログに綴
っていきます。

職業は、スポーツ好きなサラリーマンです。

趣味は、ロードバイク、情報収集、愛犬の世話

好きな言葉は、風林火山、水のように生きる。

今後とも、よろしくお願い申し上げます。




メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

14,203人の購読者に加わりましょう