暮らし・住宅・不動産

「 イチワプロパティのマンション投資 」資産価値が崩れにくい新時代のマンション・不動産投資

投稿日:


成功する資産づくりのための3つのポイント

ポイント1 初心者の方にこそ知っていただきたい
不動産投資が人気の理由

メリット1 安定した不労所得

不動産を投資運用することにより、毎月家賃収入を不労所得として得ることができます。

自身が働かずに、長期的に安定したリターンを得ることができる点は、他の投資商品にはない魅力のひとつです。

メリット2 自己資金は少なくてもOK

不動産投資は金融機関からの借入金を活用することで、少ない自己資金で大きな投資を行うことができます。

元手が少ないから、という理由で諦める必要はありません。

メリット3 生命保険代わりになる

ご自身に万が一のことがあった場合、不動産投資で購入した資産は融資の返済が不要となり、ご遺族は賃料収入を継続的に得ることができます。

メリット4 節税効果が大きい

不動産を投資運用することで、毎年『不動産所得』の申告が必要となり、申告により所得税、住民税を減税することができます。

また財産を家族に残す相続時には、現金での相続は100%が課税対象になるのに対して、不動産での相続は評価額や路線価を基準に算出するので、課税対象額を実勢価格の60%前後に抑えることができます。

メリット5 インフレ対策にもなる

物価が上昇するインフレが起こると、現在の貨幣の価値は下落します。不動産の資産価値は物価上昇とともに高くなるので、インフレ対策にもなります。

ポイント2 コンパクトマンションとは?

特徴1 ニーズが高まり続けているDINKS~単身者向けマンション

コンパクトマンションは1~2LDK、30~60㎡のゆとりのある居住性が特徴のマンションを指します。シングルやDINKS、また子育てを終えたシニア世代など幅広いライフスタイルに対応できることから、近年一段と需要が高まっています。また、首都圏の駅近の物件が中心で、利便性に優れている点もポイントです。

都内の単身者~DINKSは年々増加している

上のグラフが示す通り、単身世帯や2人世帯の割合は国内で年々高まっています。
コンパクトマンションの需要を裏付ける要因ともなっています。

特徴2 ワンルームよりも資産価値が安定している

コンパクトマンションは売却にあたって、投資用として物件を探している方だけでなく、居住用として購入を検討している方もターゲットとなります。

この出口戦略の多さによりワンルームと比べて資産価値が崩れにくく、中長期の視点で安定した運用を期待できます

出口戦略の多さが資産価値に直結

投資用と居住用の両方のニーズに対応できることから、下記のように売却時でもワンルームと比べて大きく資産価値が崩れることのないケースが珍しくありません。

売却価格の比較

ワンルームコンパクトマンションファミリー
資産価値の安定度×買取価格から大幅に下落◎買取価格をキープ◎買取価格をキープ
購入時成約事例ワンルーム築4年ワンルーム
2500万円
矢印
築42年ワンルーム
1050万円
経年によって
売却価格に大差あり
コンパクトマンション築7年1LDK
3640万円
矢印
築38年1LDK
3400万円
時間が経っても
価格は安定傾向
ファミリー築6年3LDK
6700万円
矢印
築39年3LDK
6580万円
売却価格に
大きな下落はなし

こんなケースも・・・・・・

運用してから20年後の売却でも1,000万円以上の売却益

コンパクトマンションは根強い人気があることから、10年、20年と築年数を重ねても資産価値が崩れにくい傾向があります。むしろ都心部は地価の上昇にともなって、
年数が経った物件ほど売却益も大きくなる側面もあります。

ファミリータイプよりも手が届きやすい価格帯

◎ファミリータイプ

ファミリータイプの価格帯

◎コンパクトマンション

コンパクトマンションの価格帯

当社の都心部の取扱物件のうち、30~60㎡でコンパクトマンションの対象となる
物件の約7割は4000万円以下となっています。

ファミリータイプの物件と比べて、価格帯は購入を検討しやすい相場となっています。

ワンルームと違って居住用の購入者もカバー

◎ファミリータイプファミリータイプの部屋投資用住宅ローンが組めない

◎コンパクトマンションコンパクトマンションの部屋居住用&投資用住宅ローンが組める

特徴3 ニーズ増加の一方で希少価値が高い

特徴01でご紹介した通り単身者やDINKSの世帯が増える一方で、コンパクトマンションの物件数はまだ多くはありません。

この希少性の高さから、今後も安定した資産価値が期待できます。

ワンルームよりも希少性が高い

◎広さ別にみたマンションの割合

じわじわと物価は上昇している

東京都23区の賃貸物件は30㎡未満の物件が中心です。
1~2LDKの物件は少なく、今後1~2世帯の増加が確実なことを踏まえると、コンパクトマンションのニーズはさらに伸びることが予想されます。

※東京カンテイ「マンションデータ白書2017 」より当社作成。首都圏、新築供給

ポイント3 高収益なコンパクトマンションを安心して探すには最良のパートナーをお選びください

イチワプロパティが選ばれる理由

  • 取引実績3000件
  • 創業10年

理由1 都心の「好立地」を揃えています

当社が紹介する物件の多くは都心部の駅近物件です。

郊外に比べて、賃貸収入が安定しやすい物件を中心に、お客様の条件に適う物件を紹介いたします。

理由2 所有者から直接仕入れ

当社のご紹介物件は直接オーナー様から仕入れているため、ハイクオリティなだけでなく、購入費用を抑えて収益の最大化を目指すことができます。

理由3 自社内にリフォーム会社

賃料に影響する内装や設備面のグレードアップにおいて、当社は外部業者を介しません。自社グループのリフォーム会社により低コストで提供いたします。

理由4 海外との連携で出口戦略に強み

海外投資家とのネットワークを持つ当社では、売却時にスムーズな出口戦略を提供することができます。長期的な不動産投資をゴールまでサポートいたします。

お客様からたくさんの評価をいただいております。

購入者 高橋さんご夫婦(35歳女性・42歳男性)

墨田区向島/購入価格4000万円台/築3年/
購入歴:初めて高橋さん写真はイメージです。

「こちらの要望を丁寧に聞いてくださった事と出口戦略の解説が購入の決め手でした」

購入者 吉村さん(44歳男性)

江東区南砂/購入価格5000万円台/築8年/
購入歴:2戸

吉村さん

写真はイメージで

「リフォームの対応がスムーズでビックリ。低コストだった点も満足しています」

購入者 芝田さん(28歳男性)

台東区浅草/購入価格2000万円台/築7年/
購入歴:初めて芝田さん写真はイメージです。

「サラリーマンの収入だけでなく家賃収入を得られたことで生活にゆとりができました」

お問い合わせ

コンサルタントに気軽にお問い合わせください

こちらから👇👇👇



<おすすめの記事>







-暮らし・住宅・不動産


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク




Profile
管理人の Taka です。

当ブログは、より良い情報を皆様方
へ発信していきます。

合間に、些細な出来事をブログに綴
っていきます。

職業は、スポーツ好きなサラリーマンです。

趣味は、ロードバイク、情報収集、愛犬の世話

好きな言葉は、風林火山、水のように生きる。

今後とも、よろしくお願い申し上げます。




メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

14,203人の購読者に加わりましょう