不動産・引越

初めての方でも安心してスタート!今だからこそ始めるマンション経営【 エヴァートラスト 】

投稿日:

Contents

不動産投資 エヴァートラスト とは!!

不動産投資で堅実な資産運用

不動産投資が他の投資と違うところは支払いが完済すれば「自己資産」として物件が手元に残るということ。

ローン完済物件の「家賃収入」はあなたの所得になります。

また、ローン返済途中であなたに万が一のことがあったら保険会社がローンを完済します。

そのため、無借金のマンションを家族に残すことができるのです。

  • 万が一の時はローン0円の物件を家族に残せる
  • ローンの返済費用は入居者から回収
  • 自己資金が少なくても始められる

エヴァートラストのポイント

・不動産投資の基礎や仕組み、メリット、デメリットがわかる

・不動産は立地が重要かの理由が分かる

・お客様のニーズや個々が抱えるライフステージごとの課題を解決しながら同社が把握し提案

・確定申告書の作成などアフターケアも充実 (エヴァートラストでは自社の提携税理士による確定申告のサポート体制を整えています。)

・弊社の強みは熟練の営業マンが厳選した物件の仕入れができる為、過剰在庫を持ちません。  

量より質を求めた物件を提供できるところがお客様の安心につながります。



不動産投資の仕組みとは?

不動産投資はリスクが少ない投資

不動産投資は他の投資とは違いローンが完済した物件は「自己資産」としてあなたの手元に財産として残ることです。

また銀行のローンを使ってマンションを購入しますので自己資金が少なくても始めることができます。月々のローンの返済は物件を貸し出すことで賄うことができるので入居率さえ確保できれば返済費用の心配はなくなります。

また、ローンを完済してしまえば返済に使っていた家賃がそのまま、「不労所得」としてあなたの収入になります。

不動産投資のリアルな収支をご紹介!

月々の返済の心配なし!
ローン完済でまとまった不労所得を得れる!

収支例1

収支例2

不動産投資の5つのメリット

メリット1 ローン完済後は「自己資産」に!

ローン完済物件は「自己資産」になります。賃貸として貸し出して不労所得にすることも、売却して利益を出すこともできます。
また、家族に相続・贈与といった形で資産を譲渡することもできます。

メリット2 老後の「私的年金」に!

ローン完済後は家賃収入はそのまま不労所得(収入)になります。
当社が取り揃えている物件は「都心」×「駅近」で入居率が高いため将来的に安定した入居率が期待できます。

メリット3 万が一の時は保険会社がローンを返済!

団体信用生命保険を利用することでオーナー様に万が一のことがあった場合はローン残責を保険会社が代わりに支払ってくれます。その場合、生命保険がわりに家族に無借金の物件を残せます。

メリット4 安定した利回りが期待できる!

当社が取り揃えている物件は「都心」×「駅近」の良質物件が多く、入居率が高いため安定した利回りが期待できます。

メリット5 節税効果が期待できる!

年間の不動産所得や物件により条件は異なりますが、不動産投資を行うことで、所得税や住民税を節税できます。

万が一の時はローン残責0円になる「団体信用生命保険」とは!!

団体信用生命保険とはローンの返済中にオーナー様に万が一のことがあった場合、保険会社が残りの住宅ローンを返済する保障制度です。

不動産投資の不安を徹底サポート

CASE.01 自己資金がほとんどないから始められないのでは?

自己資金がなくても問題ありません!

不動産投資は自己資金がなくても金融機関の低金利融資を受けて購入できるため、自己資金がなくても問題ありません。他の投資とは違う大きなメリットです

CASE.02 購入しても入居者がいなかったらどうしよう・・・

当社が紹介する物件は駅近・都心の良質物件!

当社では駅近・都心の入居率の高い良質物件を厳選して紹介しております。そのため、マンション購入後も高い入居率を誇っております。

CASE.03 不動産投資するにはまだ若すぎるかな・・・

不動産投資を始めるオーナー様の中には20代も多数!

当社では20代の若い世代のオーナー様もいらっしゃいます。
20代の頃から不動産投資を始めると早期にローンの完済ができます。そのため、安定した家賃収入を早く所得として得ることができます。

CASE.04自分に何かあった時に家族にローンを残してしまうのでは・・・

オーナー様に万が一のことがあった場合、ローン残責は0円に!

当社でご用意している団体信用生命保険で、オーナー様が病気や死亡してしまった場合は生命保険会社がローンを全額支払います。物件の所有権はそのまま、オーナー様もしくは家族へと残すことができます。

CASE.05マイホームのローンが残っているんですが・・・

住宅ローンとは別のローンになるので大丈夫!

住宅ローンとは異なりますので問題ありません。不動産投資は「投資用物件」の購入となり「事業用」のローンとなります。そのため、住宅ローンが残っていても始めることができます。

オーナー様のお声

VOICE.01 少しでも興味がある人は気軽に相談してみては。

お名前 /T・W様

お住まい /愛知県

ご年齢 /51歳

ご職業 /上場関連

所有物件 /2戸

不動産投資を始めようと思ったきっかけは?

元々、資産形成には興味がある中で特に不動産投資は低リスクで始められることを知ったから。

不動産投資を始めてわかったメリットは?

生命保険の見直しができたこと。月々の保険料が単純に下がった。

反対にデメリットはありますか?

空室になった時に不安になりますが、保有している場所が都内の為、基本的に入居が早めについています。マンション経営をお考えの方へ当初、不動産投資というと資金が必要で、金銭的に余裕のある人が行うものだと漠然と感じていた。実際は低い金利でローンも組むことができ、簡単に始められます。大きく儲けようと思はなければ低リスクで始められます。

当社をお選びいただいた理由

細かい質問にも親切、丁寧に教えてくれる。リスク説明もしっかりした上で色々アドバイスももらえる。できる範囲の提案で、無理をさせない営業でした。

VOICE.02 当然、不安はありました。でも実際にスタートしてみれば特に生活も変わらず、将来が少し楽しみになりました。

お名前 /Y・K様

お住まい /愛知県

ご年齢 /53歳

ご職業 /会社員

所有物件 /2戸

不動産投資を始めようと思ったきっかけは?

弟の紹介で担当者の方にお会いし、不動産・株・保険・預金を比較した話を聞きました。不動産投資は相続税対策にもなり、老後の安定した収入源に繋がる魅力をしりました。

不動産投資を始めてわかったメリットは?

月々安定して家賃収入が入ってくることです。

反対にデメリットはありますか?

空室の期間だと思います。ただ、所有している場所がよければ長期間空室になることはないので想定内です。

マンション経営をお考えの方へ

投資にはリスクはつきものです。ただ、リスクを理解し対策をすることでそのリスクを軽減できます。将来の不安を少しでも軽減したい方、相続対策をお考えの方、一度検討してみてはいかがでしょうか?

当社をお選びいただいた理由

初めての投資には不安がつきものですが、担当者がリスク面含めわかりやすく説明をしてくれました。誠実さを感じお付き合いしました。

私たちが選ばれる理由とは?

「駅近」×「都心」の良質物件で入居率は98.2%!

当社で取扱する物件は厳選された人気の「駅近」×「都心」の良質物件ばかりで98.2%の高い入居率を誇っています。また、「人気」だけではなく周辺の不動産価値のリサーチ、建物の経年変化に伴う資産価値の変動予測などを考慮し将来的な資産価値をシミュレーションしてわかりやすくご提案いたします。

専属コンサルタントが将来を見越したプランニング!

オーナー様、一人ひとりに専属のコンサルタントをご用意しており、現在の状況や将来設計などを細かくヒアリングし、条件にあったプランニングをさせていただきます。

資産価値の高い新築・中古物件を豊富に取り揃え!

当社では「現在と将来的な資産価値」「入居率」を基準に物件を紹介しております。そのため、良質物件は新築、中古は問わず取扱をしております。

不動産セミナーを運営しているからわかりやすくノウハウを伝授!

当社では不動産投資セミナーを多く行なっており、初心者から投資家の方まで幅広く好評いただいております。オーナー様のさまざまなご質問・ご不安に的確にアドバイスをさせていただきます。

無料個別相談お申し込み

将来設計を重視した堅実な
不動産投資のノウハウを伝授します。

不動産投資・マンション投資のことが「まるっと」わかる!

個別面談・資料請求はこちらから!



STEP01 上記よりお申し込み

STEP02 ご入力内容とご面談の日時などを確認した上でご連絡を差し上げます

STEP03 専属コンサルタントがお客様のご希望や将来設計などを伺い最適なプランをご提案させていただきます。

よくある質問

Q 入居率が高い物件とは?

A 人気沿線、人気エリアは当然ながら入居率が高くなります。ワンルームマンションの入居者はほとんどの場合が若い方となり、学生や OL、サラリーマンが中心となります。マンション経営を始める際には、購入検討しているマンションの入居者層を知っていると良いでしょう。

Q 維持費はどのくらいかかるのでしょうか?

A 物件によって違いがありますので一概には言えませんが、経年劣化により、かかる費用として想定されるのは、外的補修費(12年に一度くらい)、給水管補修費 (25年に一度くらい。ポリプテン管の場合は50年に一度くらい)、屋上の防水補修費(12年に一度くらい)です。給水管の品質が向上しているので、最近では給水管の修繕の必要がほとんどありません。これらの補修費について予定経費を月割りしてオーナー様が修繕積立金で補修します。その他の補修についても長期的な修繕計画によりオーナー様に大きな負担をかけないよう配慮しています。

Q 物件の資産価値を決めるポイントは?

A マンションの資産価値は、需要と供給の関係、つまりニーズがあるかないかによって決まります。立地、環境、利便性、建物のグレード感が需要の決め手になり、需要が高ければ建物が古くなっても資産価値をあまり損なうことなく維持できます。近年、ワンルームマンション建築を規制する条例(東京 23 区の自治体主導による条例)により、ワンルームマンションの過度な供給がなくなりつつありますので、資産価値を維持しやすくなっています。

Q マンションの価格が下がることはありますか?

A 賃貸の需要の高い物件を購入することで、建物が古くなっても価格が大きく下落するリスクを減らすことができます。需要が高いのは、生活者の利便性とステイタスを併せ持つ『立地の良さ』とデザインや設備など住む人の満足感を高める生活の質です。このような物件は不動産市場が変化しても収益性が安定的に確保されやすくなります。 当社では、立地や利便性などを加味した賃貸の需要の高い物件を厳選して販売しています。

Q 建物が古くなると、入居者がつきにくくなるなど、収益性が落ちるのでは?

A 確かに、築年数の経過により、収益性が落ちることはあります。しかし物件が古くなることと、入居者がつきにくいということは必ずしも一致しません。当社は入居募集に特化した提携企業に委託しますので古くなった物件でも長期的に空室が続くということはほとんどないのが実情です。また、リノベーションを行うなど工夫していくことで収益性が改善することも考えられます。

Q 都心と地方、どちらの物件がいいですか?

A どちらもそれぞれ魅力はありますが、需要が高いエリア=都心の物件の方が、長期的に運用することの多い不動産投資にとっては優位です。それは、同じ広さであれば都心も地方も修繕など維持コストは同じですし、高い家賃設定がしやすいのは都心だからです。地方の物件は価格が安く、表面利回りが高い傾向にあります。

Q 換金性が低いのでは?

A 不動産は他の資産と比べ、流動性が低い商品です。流動性が低いとは、売却に時間がかかるということです。 しかし都心のワンルームマンションは市場性があり、入居者がついたまま売却ができるため、別荘地や地方の不動産に比べると、流動性は高いと言えます。時期を見て、3ヶ月から半年くらい余裕を持って売却することが重要です。

会社概要

会社名株式会社エヴァートラスト
所在地〒140-0043
東京都渋谷区道玄坂1-15-3-328
電話番号TEL:03-6712-7605
資本金5,000,000円
設 立2019年8月
代表取締役榎園 貴徳
事業内容不動産販売事業不動産仲介事業不動産賃貸仲介事業
免許番号東京都知事(1)第104053号
所属団体(公社)全国宅地建物取引業保証協会
(公社)東京都宅地建物取引業協会
取引銀行三菱UFJ銀行
さわやか信用金庫
住信SBIネット銀行

<おすすめの記事>







-不動産・引越


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク




Profile
管理人の Taka です。

当ブログは、より良い情報を皆様方
へ発信していきます。

合間に、些細な出来事をブログに綴
っていきます。

職業は、スポーツ好きなサラリーマンです。

趣味は、ロードバイク、情報収集、愛犬の世話

好きな言葉は、風林火山、水のように生きる。

今後とも、よろしくお願い申し上げます。




メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

13,775人の購読者に加わりましょう