その他(暮らし)

豊富な実績・借金減額と過払金請求のご相談なら【 斎藤勝法律事務所 】

投稿日:2021年4月28日 更新日:

Contents

借金に関するお悩みは 斎藤勝法律事務所

将来利息のカットで返済を一本化「毎月の返済を減額」してみませんか!

家族や会社に内緒で相談可能

  • 借金の取り立てに悩んでる…」
  • 「誰に相談していいか分からない…」

このような方はまず「無料相談」を



弁護士事務所独自のノウハウと実績で
あなたのお悩みを解決します

  1. 弁護士に依頼すれば債権者からの督促はすぐにストップ
  2. 毎月の返済額を減額できるかズバリ診断します
  3. ご家族にも知られることはありません
  4. 過払い調査も即対応。回収もスピーディーに
  5. 140万円以上の債務にも弁護士ならノンストップで対応
  6. 自己破産や民事再生への対応も安心して任せられます

こんな悩みが一つでもあれば弁護士にまず相談

・債権者からの督促でパニックに

・金利が高くて返済が終わらない

・元金が減らず毎月の返済負担が辛い

・毎月の返済が高額で生活に支障をきたす

・返済日が複数あり完済の目処が立たない

毎月の返済額はどうしたら減らせるの?

借金の一本化?ってどういうこと?

ご質問も遠慮なく「無料相談」を



法的手段を含め弁護士なら
あなたの借金問題を解決できます

任意整理で将来の金利をカット
借金の一本化で毎月の返済額を減額

メリット

裁判所を介さずに、債権者と弁護士が任意交渉をするため、手続きが簡単です。

自己破産や個人再生と違い官報に掲載されることがないため第三者に知られることもありません。

自己破産のように「財産を失わない」「資格が制限される」ことがなく家族や会社にバレにくい手続きです。

デメリット

信用情報機関に記録が残る為、新たな借り入れ(クレジットカードやローン)が一定期間(5年程度)出来なくなります。

個人再生で家を守る

メリット

裁判所を通じて借金を5分の1程度に減額し、減額された借金を3年〜5年で支払います。

住宅ローンがある人でも住宅を手放さずに手続きが進められます。

保証人でない限り、家族がローンを組めなくなるということもありません。

デメリット

信用情報機関に記録が残る為、新たな借り入れ(クレジットカードやローン)が一定期間(7年から10年)できなくなります。

住所.氏名が「官報」に掲載されます。

過払い金返還請求で
払いすぎた利息を取り戻せます

メリット

最大のメリットは借金の返済中であっても過払い金が生じていた場合借金を支払う必要がなくなり、払いすぎたお金が戻ってきます。

デメリット

返済の時期、期間により該当しない場合があります。詳しくは弁護士にご確認ください。

完済してから10年で過払い金の請求権は時効になります。

自己破産で生活を再スタート

メリット

すべての借金をゼロにすることが出来ます。

保証人でない限り、家族がローンを組めなくなるということもありません。

手続き開始後債権者は給料の差し押さえ等の強制執行ができなくなります。

デメリット

信用情報機関に記録が残る為、新たな借り入れが一定期間(5年から10年程度)できなくなります。

住所.氏名が「官報」に掲載されます。

一定以上の財産はすべて手放すことになります。

免責決定を受けるまでは、警備員や士業に従事することができません。

借金に連帯保証人が設定されている場合、保証人に請求が行きます。

ご利用者の声

斎藤勝法律事務所に相談して
毎月の返済がこんなに楽になりました

神奈川県在住 M様 女性

きめ細かな対応で過払いも発覚。毎月の返済が8万円以上少なくなりましいた。

7社から約399万円の借り入れがあり月額12万6000円の支払いをしていました。

引き直し計算(過払い計算)の結果3社に過払い金があることが判明。

斎藤勝法律事務所に交渉してもらい約150万円の過払いを獲得。

債務額の総額が約250万円となり月額の返済も4万4200円と月額8万円以上少なくなり、今は精神的にも落ち着いて仕事に集中できます。

神奈川県在住 A様 男性

裁判で500万円の過払いを獲得。過払い金で他の借入も全て返済し借金がゼロに

借り入れは5社で477万円。

毎月の支払いは15万円以上。

経済的にも大変苦しい状況でした。

斎藤勝法律事務所に債務整理を依頼し督促もなくなり、その上過払い金も裁判で取り戻してもらい、他4社の借り入れもその過払い金で完済し借金がゼロになりました。本当に相談してよかったと感謝です。

斎藤勝法律事務所の債務整理が
選ばれる理由

豊富な実績
7000件以上の債務整理を対応

任意整理・自己破産・民事再生など
専門スタッフが対応

女性フタッフも在籍
安心してご相談ください

ご相談から解決までの流れ

STEP01 相談

こちらから👇👇👇



STEP02 ご来所頂いての相談も無料で対応

より詳しい相談はご来所頂いての相談となります。

ご来所頂いての相談も無料で対応させて頂きます。

債務整理を行った場合の月々の返済金額、返済方法などより詳しい内容をお話しさせて頂きます。

STEP03 ご依頼・債権者に受任通知を発送

ご依頼いただいた場合、早急に各債権者に受任通知を発送します。

債権者への受任の通知をすることにより債権者からの督促が止まります。

また、それ以後の債権者への返済もストップできます。

STEP04 債権者との交渉

着手金の入金が確認され次第、各債権者と今後の支払いに関して交渉していきます。

基本ご依頼者様と打ち合わせの上、支払い可能な金額での交渉をしてまいります。

原則3年から5年までの分割が可能です。

※ご依頼者様の支払い状況はなどにより返済の回数などは変動する可能性があります。

STEP05 報告・返済開始

債権者との交渉が終了した場合は、各債権者との和解書・返済予定表などをご依頼者様宛に郵送します。

※郵便局留めや個人名での郵送も可能です。

一人で悩まずに
まずは無料相談を!

こちらから相談👇👇👇



よくある質問

Q 毎月返済しているけど、返済がなかなか終わらない。どうして?

A 借りたお金には金利が付きます、例えば4社から300万円の借り入れがある場合を考えてみましょう。
借入の金利が15%、毎月の返済額が合計で4万円返済しているとしましょう。
この場合金利の月額が37500円となり元金は2500円しか減っていません。
いつまでたっても返済が終わらないはずです。
弁護士事務所では将来利息である37500円を債務者との交渉でゼロとして、返済額の40000円すべてを元金に充当しますので同額の返済でも短期で終了させることができます。


Q 任意整理をお願いしたとき月々の返済額を診断してもらえますか?

A 債務整理のご依頼を受ける前に、あなたの借入額等をお伺いし、今後月々いくらの返済で何年支払えば借金問題を解決できるか診断させて頂きます。
※債権者との借入期間・返済状況により変動する場合があります。

Q 家族にも秘密にしてもらうことは可能ですか?

A 家族にわかってしまう最大のポイントは郵便物が届いてそれを家族が見てしまうことが多くあります。
そういう意味で弁護士に依頼したほうが秘密が守れます。
なぜなら弁護士が債権者に受任通知を送った段階であなたへの債権者からの電話や手紙での督促は止まります。(貸金業法21条1項9号)加えて当事務所では書類などをお送りする場合「個人名での送付」や「お近くの郵便局留め」などの配送方法をとることも可能です。


Q 債務整理をした後、生活に影響はありますか?

A 債務整理には借金が減額または免除されるという大きなメリットが得られる反面、避けることのできないいくつかのデメリットも受けることになります。
その一定期間クレジットカードが作れないなどデメリットが存在します。このように今後の人生にどのような影響を及ぼすのか、不安を感じている方もいらっしゃるでしょう。
しかし、債務整理はあくまで借金生活を終わらせて新たな一歩を踏み出すための救済制度です。。
借金を乗り越えて前を向こうとする人の将来を脅かすものでは決してありません。

Q アルバイトですが任意整理はできますか?

A アルバイトでも一定の収入がある場合、債務整理は可能です。一定の収入が無く返済が不可能な場合、破産などの法的手段も検討してみ必要があるかもしれません。

Q 任意整理をお願いしても和解出来ない場合はありますか?

A 一度も返済をしていない借り入れや、担保付の借り入れについては和解するのは難しい場合があります。
また、最近では、過払い金返還請求の急増により、経営状態が悪くなった会社も、将来利息カットによる分割払いの提案は受け入れてもらえない場合もあります。
しかし、大半のケースでは、利息制限法による引き直し計算、将来利息カット(0%)、3~5年程度の分割返済という内容で和解できます。

Q 依頼後も返済は続けないといけないですか?

A 任意整理手続きをご依頼いただいたら、すぐに返済を停止していただいてかまいません。
弁護士からの通知が届く前に債権者から連絡が来る場合もありますが、そのときにも「債務整理(任意整理)を斎藤勝法律事務所に依頼した」と伝えていただければ、取り立ては止まります。

Q 弁護士費用(着手金・報酬など)は分割はできますか?

A 着手金や弁護士費用の分割も可能です。
ご自身の生活の状況も含めご相談ください。費用の分割・債権者への支払い含め生活再建の方向性を含めご相談ください。


Q 闇金(ヤミ金)への対応は可能ですか?

A 斎藤勝法律事務所ではヤミ金への対応は可能です。
しかしヤミ金はほとんどの場合、法律違反の高利で貸付をおこなっています。法律に違反した貸付はそれ自体が違法なので、返済義務がないのです。したがって債務整理として和解書を取り交わすことはほとんどの場合不可能です。
法律上は返済義務はありません。だからと言って弁護士事務所が受任したからといって違法な取り立てが止むとはかぎりません。当事務所ではヤミ金の使用している携帯電話を止めたり、銀行口座の凍結を行いヤミ金に経済的ダメージを与えるなど様々な手段で対応しています。

<おすすめの記事>







-その他(暮らし)


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク




Profile
管理人の Taka です。

当ブログは、より良い情報を皆様方
へ発信していきます。

合間に、些細な出来事をブログに綴
っていきます。

職業は、スポーツ好きなサラリーマンです。

趣味は、ロードバイク、情報収集、愛犬の世話

好きな言葉は、風林火山、水のように生きる。

今後とも、よろしくお願い申し上げます。




メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

12,612人の購読者に加わりましょう