プロパンガス

プロパンガス料金は切り替えでお得に!「 enepi 」で比較!

投稿日:

Contents

enepi とは‼️

日本で唯一問い合わせと同時に複数社の料金プランを比較し、安いガス会社に変更することができるサービス

enepiでは、今のプロパンガス会社を安い会社に契約変更することによって、
年間で平均2万6千円、最大8万円以上の節約できる事例が多数あります。

今注目されている理由

実は日本の人口の約45%が、プロパンガスを利用しています。

安いプロパンガス会社への変更は、年間で26,000円削減(電気:5,000~10,000円)

また昨今の電力自由化や都市ガス自由化に伴い、ガスの切替の認知は少しづつ広まってきていて、問い合わせ数もここ2年で3倍に増えています。

新たな節約方法として、今後もより注目されてくる市場です!

enepi(エネピ)

enepi を使うとガス代金はどれくらい安くなる?

今まで

基本料金:1,800円

使用料金:単価680円×20m3=13,600円

合計:15,400円

切替後

基本料金:1,800円

使用料金:単価320円×20m3=6,400円

合計:8,000円

毎月7,400円も安くなる!

年間だと88,800円もお得に‼️

※1ヶ月に20㎥を使用した場合です

※地域や設備等により料金が異なる場合があります

※使用料金は単価x20㎥によって計算されています

毎月のガス代金、知らないうちに値上がりしていませんか?

さらに!プロパンガスに対するこんな不満も、、、

・多分、うちのガス代高いと思う

・請求書を見てもガス使用量が不明

・対応が悪くてガス切れ起こします。

・ガス代はカード支払いにしたい。

そんな不満を解消します!

プロパンガスの一括見積サービス!enepi を使えばカンタン解決!

今すぐ プロパンガスの無料見積もりに申し込む!!

enepi(エネピ)

なぜ!enepiを使うと安くなる? 3つ のポイント!!

enepi 独自の厳正な審査に通過した信頼できるガス会社をご紹介出来るからです。

ポイント01 地域に合った料金価格

プロパンガスは自由料金制なので、ガス会社によって価格が異なります。そこに付け込み不当な料金値上げをするような業者は加盟することができないので安全です。

ポイント02 会社の信頼性

プロパンガスの販売量が4,000トンを超えたり違約金を取らない、料金を明確にしているなど消費者にとって安心できる業者に厳選しているから安心です。

ポイント03 保安体制を含むサービス

ガス切れを起こしたり、異常を感知したときなど、万一のときに備えて態勢を整え、すぐに対応できるようなガス会社を厳選しています。

お客様の声ご紹介!実際にenepiを使ってみました!!

相見積もりでガス料金がスゴく安くなりました!

東京都 40代女性

もう少しガス料金が安くならないかな・・・と思い、試しに見積もり依頼をしてみました。

結果的に3社のプロパンガス会社の見積もりをもらい、納得して選ぶ事が出来ました。

半額近くの料金になり、とても満足しています。

ガス会社を変えられるとは知りませんでした!

宮城県 50代男性

もう20年近く同じプロパンガス会社を利用していたのでガス会社を変えられると知ってビックリしました。

実際に変えてみてガス料金はとても安くなりましたし、こんなに簡単に変えられるとわかってまたビックリしました。

カスタマーサポートが丁寧に説明してくれてよかった

福岡県 40代男性

エネピのカスタマーサポートの人がわかりやすく丁寧に説明してくれたため、新しいガス会社にスムーズに切り替えることができました。

ガス会社と個別に話す必要がなく大変効率が良かったです。

カード払いにしたいのがきっかけで安くなりました。

青森県 30代女性

プロパンガスだけ毎月集金がちょっと大変だなと感じていました。

カード対応出来る業者を探そうと思いエネピを使ったらカード決済ができてガス代も安くなる会社に切り替えることができました。

enepi(エネピ)から どうやって切り替えるの?

STEP01 enepiに加盟しているガス会社へ無料見積り依頼!

コチラから!!👇👇👇

enepi(エネピ)

STEP02 後日見積り書をメールにて送付。サービスや料金を比較検討し、気になる会社を決定。

STEP03 新ガス会社が訪問。最終的な見積り提出後、納得できれば申込み。

STEP04 現ガス会社と新ガス会社の交渉・調整はenepiが対応!

STEP05 工事日を決定。ガスボンベとメーターの切り替え工事。工事は30分~1時間程度。

STEP06 点火テスト後、これまで通りガスの利用が可能に!

Q&A

Q LPガスは、電気代や都市ガスのような公共料金ではないの?

【A】公共料金ではありません。
電気料金や都市ガス料金は、いわゆる公共料金という位置づけになるので、契約会社によって極端に料金が高くなったり安くなったりはせず、料金が値上げする場合もちゃんと事前に告知され、使用単価も明確に表記されています。一方LPガスの料金は、ガス会社によって、基本料金も使用する単価もすべて自由に決められるので、地域や業者によって料金に開きがあり、安い単価と比較すると、3倍以上の料金になる場合もあります。

Q うちのガス料金って高いと思うけど、相場はいくらくらいなの?

【A】地域や使用量によって異なります。
ガス料金には、基本料金+従量料金(使った分だけ払う料金)で構成されていますが、基本料金も従量料金も業者によってかなり開きがあります。全国平均で見ると基本料金は一戸建て住宅の場合1,600~1,800円前後で、従量単価は300~500円前後になっていて、これが集合住宅の場合は、基本料金、従量料金共に1割程度高くなります。
配送コストが安い関東方面の料金は平均値よりも安めで、逆に配送コストがかかる北海道・東北・九州などは高めになっている傾向があります。基本料金や従量料金の単価は、料金表には記載していない業者が実際はかなり多いので、はっきり内訳がわからない場合は、まずはenepiお客様サポートにお問い合わせください。

Q 他の業者さんに変えると料金は安くなるの?

【A】安くなる可能性が高いです。
もともとLPガス料金は自由化されていて、適正価格を知らずに高い料金を払っていたり、気づかないうちに値上げされていたりするケースは非常に多くあり、それが業者を変えることで適正価格よりもさらに安く契約する事が出来ます。

Q 今の業者さんに価格交渉して安くしてもらってはダメなの?

【A】信頼できるガス会社かどうか、見極めが必要です。
価格交渉すれば、業者さんによっては安くしてくれるところはありますが、業者さんの料金に対する考え方や、他のお客さんへの公平性を考えると、あまり好んでは値下げには応じてくれないケースが多くあります。一次出来に料金が値下げされたとしても、途中から様々な理由によって値上げされる可能性は高く、はじめから長期的に安い料金で提供してくれる業者さんとの契約の方がお得です。

Q 集合住宅に住んでいる場合も簡単に変更できるの?

【A】大家さんの了承が必要です。
アパートやマンションなどの集合住宅の場合は、大家さんがまとめて業者さんと契約している場合がほとんどなので、まずは大家さんに相談してみることが必要です。直接個人が安い業者さんとの契約は出来なくても、大家さんに安い業者さんと契約するように勧めてみて、うまく安い業者さんと大家さんが契約してくれれば、自分の所のガス料金が安くなることも可能です。

Q ガス会社を変更すると設備の変更などは必要なの? ガスボンベとメーターのみ変更します。

【A】建物の外にあるガスボンベと、使用量を確認するメーターの差し替えの作業が必要になります。ガス給湯器やガスコンロを使用している場合は、今使っている物を継続してそのまま使うことが出来るので、長時間の作業や大がかりの工事などは不要です。差し替えの工事の時間もおよそ30分程度なので、その間に契約書の記載をしていると、すべての手続きはそれだけで完了します。

Q 都市ガスは切替することができるの?

【A】申し訳ございません。現時点ではできません。
LPガス(プロパンガス)は既に小売自由化されていますが、都市ガスは2017年4月より小売全面自由化される予定です。enepiでは、そのタイミングで都市ガスの切替サービスを開始する予定ですので、ご期待ください。

enepi(エネピ)

<おすすめの記事>







-プロパンガス


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク




Profile
管理人の Taka です。

当ブログは、より良い情報を皆様方
へ発信していきます。

合間に、些細な出来事をブログに綴
っていきます。

職業は、スポーツ好きなサラリーマンです。

趣味は、ロードバイク、情報収集、愛犬の世話

好きな言葉は、風林火山、水のように生きる。

今後とも、よろしくお願い申し上げます。




メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

12,096人の購読者に加わりましょう