美容

日本初のシワを改善する薬用化粧品!!シミのもとメラニンを狙い撃ち ポーラ【 ホワイトショット 】のスキンケアシリーズ

投稿日:2019年5月12日 更新日:

Contents

発想の転換!!世界でひとつの美白メカニズム

誕生から20年。

ホワイトショット は、さらなる進化を遂げます。

その根本にあるのは、ヒトが持つ力に着目した「生体美白」という考え方。

従来の美白研究からの発想の転換によって、新たな美白メカニズムを発見しました。
これまでの常識を覆したら、これまでにない答えが見えてきた。
ヒトが持つ美しくなる力を高める。本気の白を、ぜひ。

ハイブリッド

ポーラのメラニン研究

世界でひとつの美白メカニズム、「シミの要因となる”メラノサイトの停滞”」を発見!

シミやくすみができる要因が紫外線だけではなく、加齢ストレスによって肌の奥のメラノサイトの移動が抑制されることも要因であることを業界で初めて発見。

ポーラは、メラノサイトを移動させ、供給するメラニン量を適切にする働きを「アライブクリア機能」と名付けました。

メラノサイトが移動する動画をチェック!

アライブクリア機能の高い肌

歴史的新発見!!メラノサイトは活発に移動していた!

メラノサイトが基底層の中を移動している状態

メラノサイトが基底層の中を移動している状態

Q. なぜ、メラノサイトは活発に移動しているの?

A. 肌を守るという「本来の役目を果たすためです。

メラニンの本来の役割

核を守る日傘。細胞の核を守るために生まれ、不要になると分解・消化される。

メラニンの本来の役割

メラノサイトの本来の役割

メラニンを生成する。移動することで、日傘(メラニン)がくまなく行き渡るよう適切な量のメラニンを細胞に渡す。

メラノサイトの本来の役割

アライブクリア機能の低い肌

メラノサイトは止まってしまっていた!

メラノサイトが止まっている状態

メラノサイトが止まっている状態

Q. なぜ、メラノサイトの移動は止まってしまうの?

A. 日々のストレスや加齢の影響と考えられます。

ストレスや加齢によって、メラノサイトの移動を止める遺伝子「メラノサイトABR」の発現が増加することを、ポーラが世界で初めて発見。

ストレスや加齢

メラノサイトABR

細胞の移動などに関与する遺伝子。メラノサイトの移動を止める働きがある。

メラノサイトABR

ポーラオリジナル美白有効成分「ルシノール®」のメラニンロック機能

メラニンはメラノサイト内で生成されるチロシンとチロシナーゼが合体して出来ます。

ルシノール®はチロシナーゼのカギ穴とぴったり合うカギを持つ成分で、素早くチロシナーゼと合体し、チロシンを寄せつけないため、メラニンの生成が抑制されます。

メラニンロック機能

子どもの頃、夏の日ヤケが冬には消えていた「セルフクリア機能

ヒトが自ら白く美しくなる力。

そのメカニズムを業界ではじめて解明し、「セルフクリア機能」と名付けました。
セルフクリア機能とは、表皮細胞内のメラニンキャップ(メラニンの塊)を分解する、肌そのものが持つ機能です。

※ セルフクリア機能:ポーラが名付けた名称、表皮細胞内のメラニンキャップ(メラニンの塊)を分解する、肌そのものが持つ機能

セルフクリア機能の高い肌

しみ・くすみのない美しい肌

表皮細胞自身がメラニンをコントロールしている。

1.細胞がメラニンキャップを形成

細胞が紫外線から核を守るため、核を覆うようにメラニンを凝集させてキャップをつくる。

2.細胞がメラニンキャップを分解。

役割を終え不要となったメラニンキャップは、細胞自身によって分解され、見えないほど細かいメラニンへ。

セルフクリア機能の低い肌

しみ・くすみがある肌

1.細胞がメラニンキャップを形成

メラニンキャップをつくる因子が働き続け、メラニンキャップを溜め込んだまま表皮細胞へ

2.細胞がメラニンキャップを分解できない。

メラニンキャップの分解が進まず、細胞内に過剰にメラニンを溜め込んだ状態。

シミ部位には通常のメラニンとは性質の異なる「過脂化メラニン」が!

シミ部位のメラノサイトは、過酸化脂質を溜め込み過脂化しやすくなります。

また、メラノサイト内に過酸化脂質が増加すると、通常のメラニンとは性質の異なる過脂化メラニンが生成されます。

この過脂化メラニンが、居座る濃いシミの要因となります。

※ 過脂化:過酸化脂質が生体内に蓄積した状態のこと

過脂化メラニン

加齢やストレス、睡眠不足、運動不足、食生活の乱れなど、生活習慣の乱れも体内の過脂化を促進する要因です。

ホワイトショット SXSの3つのこだわり

1 処方

コクのあるクリームが気になる部分にピタッと密着し、長時間留まります。

さらに、メラノサイトと親和性の高いエマルションにより、美白有効成分がメラノサイトに届くようにサポートします。

美白有効成分

保護効果のあるホワイト膜を形成

肌に密着性の高いエマルションが、気になる部分にピタッと密着。ホワイト膜を形成する。

肌(角層)のすみずみまで届ける

美容成分m-シューター配合のエマルションやポーラオリジナル複合成分ルシノール®※(2種類の美白有効成分+美容成分)、ポーラオリジナル美容成分m-Aクリアエキス、SCリキッド、クリアノール配合のエマルションが肌のすみずみまで浸透。メラノサイトと親和性の高いエマルションにより、美白有効成分がメラノサイトまで届く。

保湿成分

※ 美容成分:保湿成分

※ m-シューター:カッコンエキス、アロエエキス-2、クロレラエキス

※ ルシノール®:4-n-ブチルレゾルシン

※ m-Aクリアエキス:海藻エキス-1、ローズマリーエキス

※ SCリキッド:ビワ葉エキス

※ クリアノール:アーティチョークエキス、ユズセラミド

2 感触

気になる部分にピタッと留まるフィックスショット感触。

肌なじみがよく、サラッとした肌に整えます。

ローズマリー

3 成分

美白有効成分が肌の奥のメラノサイトに届き、まっさらに冴え渡る透明感あふれるような肌を目指します。

メラノサイトが移動することで、メラニン量を適切にする機能を「アライブクリア機能」と名付けました。


ポーラオリジナル保湿成分

m-Aクリアエキスを配合

ローズマリー

ローズマリー

ブルターニュ地方の海藻

ブルターニュ地方の海藻

メラニンロック機能に着目


医薬部外品有効成分

ルシノール®※を配合

子どもの頃、夏の日ヤケが冬には消えていた、ポーラは肌が自ら白くなろうとする力 を「セルフクリア機能」と名付けました。


ポーラオリジナル保湿成分

SCリキッドを配合

ビワ葉

ビワ葉

シミ部分のメラニンは、通常のメラニンとは性質が異なる、ポーラはこのメラニンを「過脂化メラニン」と名付けました。


m‐シューター

クリアノールを配合

※ m-Aクリアエキス:海藻エキス-1、ローズマリーエキス

※ ルシノール®:4-n-ブチルレゾルシン

※ SCリキッド:ビワ葉エキス

※ m-シューター:カッコンエキス、アロエエキス-2、クロレラエキス

※ クリアノール:アーティチョークエキス、ユズセラミド

ホワイトショット SXS のモニター参加者の声をご紹介します

写真映りが… 40代

子どもの行事やイベントが多く、以前は写真が憂鬱でしたが、写真に映るのが嫌じゃなくなりました!

クリームが密着! 30代

肌にしっかり密着してくれるクリーム状の感触が使いやすかったです。

鏡を見るのが楽しみに 30代

朝顔を洗ったり、夕方鏡を見るのが楽しみになりました。

気持ちも明るく 30代

続けるうちにどんどん洋服を選ぶのが楽しくなってきました!

ホワイトショット SXS のご使用方法

ご使用ステップ

ローションの後、ミルクの前にご使用ください

ステップ

* 肌の悩み、状態にあわせてお使いください。クレンジングは、メーク・UVカット品使用時は必ずお使いください。

クリームが長時間留まる!おすすめのご使用方法

1 チューブから美容液を出して、気になる部分の上に小さめの真珠1粒位を置きます。
ご使用方法1
2 美容液を浸透させるように、指の腹でやさしく押さえます。
ご使用方法2
3 最後に、美容液を密着させるように、くるくるとやさしくなじませます。
ご使用方法3

ポーラの最新美白研究が集結 ホワイトショット SXS のご購入

ホワイトショット SXS

  • 美容液

高い密着性で気になる部分にピタッとフィット。シミ・ソバカスを防ぎ、透明感のある肌に保ちます。

こちらから👇👇👇

ハイブリッド

<おすすめの記事>







-美容


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク




メンズエステの体験予約プロモーション

Profile
管理人の Taka です。

当ブログは、より良い情報を皆様方
へ発信していきます。

合間に、些細な出来事をブログに綴
っていきます。

職業は、スポーツ好きなサラリーマンです。

趣味は、ロードバイク、情報収集、愛犬の世話

好きな言葉は、風林火山、水のように生きる。

今後とも、よろしくお願い申し上げます。




メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

10,234人の購読者に加わりましょう